株式会社 小澤土木

会社情報

社名
株式会社 小澤土木
代表者
代表取締役社長 小澤智久
所在地
〒432-8048
静岡県浜松市中区森田町6番地   地図
TEL
053-453-2891
FAX
053-453-2999
URL
http://www.ozawa-doboku.co.jp/
E-Mail
anma@ozawa-doboku.co.jp
創業
大正2年4月1日
設立
昭和41年6月2日
資本金
36,000,000円
社員数
39人
ロゴマーク

営業内容
土留・基礎杭工、仮設桟橋(構台)工、鋼製ケーシング式立杭工、一般土木工事
許可・登録
建設業許可 静岡県知事 特定-23 2738号
加盟団体
JPA(全国圧入協会),IPA(国際圧入学会),TAIP工法協会,REVO工法協会


保有機械

機種 規格 台数
サイレントパイラー SA100 1台
    〃 ECO82 1台
    〃 SW100 1台
クラッシュパイラー SCU-600M 1台
    〃 SCU-400M 1台
    〃 SCU-ECO400S 2台
クリアパイラー CL70 1台
     
クローラ式杭打機 DH608(全装備走行質量120t級) 1台
    〃 DHP80(全装備走行質量85t級) 1台
    〃 DHJ60(全装備走行質量66t級) 2台
     
クローラクレーン 7100(100t吊級) 1台
    〃 7080(80t吊級) 1台
    〃 7070(70t吊級) 1台
    〃 7065(65t吊級) 1台
    〃 7055(55t吊級) 1台
    〃 7035(35t吊級) 2台
     
ラフタークレーン RK500(51t吊級) 1台
    〃 RK500(45t吊級) 1台
    〃 RK350(35t吊級) 1台
    〃 RK70(4.9t吊級) 1台
     
REVO立坑機 鋼製ケーシング立坑用揺動圧入機 1台
合        計 24台


ご挨拶

 創業以来の歴史の中で培った、専門工事会社として、また技術者集団としての実績、信頼に甘んじることなく、社是"人の和は力なり"を旨とし、弛まぬ努力と探究心を礎に最先端の工法・技術を取り入れ、安全で確かなご提案業務にも注力することによって、微力ながら地域社会に貢献させていただければと考えております。

 


主要工事実績

◆平成21年度 (主)袋井春野線中山間地振興対策道路整備事業工事(三倉大橋A1橋台)

工事場所
静岡県 周智郡 森町 三倉地内
工  期
平成21年9月~平成22年3月
使用機械
クラッシュパイラー(SCU400M)
クランプクレーン(CB1)
パイルランナー(PR1) 他
特  徴
橋梁下部工構築のため、岩級区分CL級を含む地盤に対する仮締切り工において、作業条件により、補助クレーンから圧入機までの離隔が大きくなることから、鋼矢板の搬送及び建て込みをシステム施工しました。

◆平成22年度 市道維持事業 すかの橋耐震補強工事

工事場所
静岡県 御前崎市 池新田地区 東町地内
工  期
平成22年9月~平成23年3月
使用機械
クリアパイラー(CL70)
ウォータージェット(650ℓ/min)1台 他
特  徴
鋼矢板計画天端から、既設橋梁桁下までのクリアランスが2.56mの条件下でⅢ型,L=9.5m(2箇所~5箇所継ぎ)をクリアパイラーによって圧入しました。河川内への盛土ができないため、既設橋面上に設置した4.9t吊ラフタークレーンと台船(2t積級)を使用しています。

◆平成22年度 まちづくり交付金事業 舘山寺36号線 志ぶき橋架設工事

工事場所
静岡県 浜松市 西区 舘山寺町地内
工  期
平成22年7月~平成23年3月
使用機械
鋼管パイラー(PP260)
クランプクレーン(CB3-2)
ウォータージェット(920ℓ/min)2台 他
特  徴
映画『男はつらいよ』のロケ地にもなった舘山寺温泉街の志ぶき橋のたもとが浸食され、危険な状態となったため、護岸とともに改築するための工事でした。狭隘な作業ヤードの中で、鋼管パイラー(PP260)とクランプクレーン(CB3-2)によって鋼管矢板を圧入しています。

◆平成22年度 都市計画事業 浸水対策下水道事業 公共第1号
       中部処理区 上島1号雨水幹線管きょ築造工事(第1工区)

工事場所
静岡県 浜松市 中区 上島2丁目外地内
工  期
平成23年2月~平成24年6月
使用機械
クラッシュパイラー(SCU600M)
オーガハンドリングシステム 他
特  徴
雨水管渠築造工事に伴い、住宅街の架空線が密集する箇所に鋼矢板を圧入する必要がありました。土質条件は最大N値が50超の玉石混じり土であり、クラッシュパイラー(SCU600M)にオーガハンドリングシステムを併用し、鋼矢板Ⅲw型,L=12.0m(4箇所継ぎ)を圧入しています。

◆平成22年度 社会資本整備総合交付金事業(都)
       有玉南中田島線駅前広場施設整備工事(曳馬駅自由通路)

工事場所
浜松市 中区 曳馬5丁目地内
工  期
平成23年9月~平成24年3月
使用機械
ゼロクラッシュパイラー(SCZ600S) 他
特  徴
浜松市民の"足"とも言える遠州鉄道の高架化事業に伴って、上空に建築された曳馬駅に駅利用者が、地上からアクセスするための歩道橋下部工を構築する工事です。民家が超近接する箇所への鋼矢板(SM-Jパイル)をゼロクラッシュパイラーによって圧入しています。